速読なんて絶対に信用できないと鼻で笑っていた(吉野さま)


私は実は読書をするのが嫌いでした。その理由は読書スピードが非常に遅かったからです。読書スピードが遅いために一冊の本を読むのにもひどく時間がかかってしまいます。 読書にばかり時間を割いていられるほど暇な生活を送っているわけではないので、自分の読書スピードの遅さに自分で腹を立ててしまったのと相まっていつしか本から遠ざかっていくようになりました。

【この記事に含まれる他受講生の声】
 ・速読はテニスのレッスンに似ている(武藤さん)
 ・読む速さが遅いので、いわゆる積読(つんどく)になってしまう(中沢さん)
 ・老眼の進みも押えられ一石二鳥(江口さん)
 ・この私は眼で追ってゆくのがやっと(山岸さん)
 ・旺盛なチャレンジ精神、これこそが速読から私へのプレゼント(吉野さん)
 ・私は本を読むのが遅く、読みたい本もあまり読めない(外川さん)
速読法という技能がこの自分に身につくか心配でした(平野さま)


正直に言って、速読法などという特殊技能がこの自分に身につくか心配でした。しかもレッスンは非常に簡単ですし、モニターを眺めていれば良いわけですから、しかし回を重ねるごとに記録は目に見えるように伸びていき、最初の頃の不安は薄らいだものの、まだ本当に自分は速く読めるのだろうか、と思うことがあります。しかし文章がやさしい小説などは、以前と比べると明らかに速く読める様になったのは事実です。

【この記事に含まれる他受講生の声】
 ・以前から目の疲れに悩まされていました(荻原さん)
 ・毎日の速読練習を継続して能力を向上させたい(沢井さん)
 ・ジョイント式速読は「無理しないので疲れない、訓練に対しての抵抗が少ない」と感じました(矢野さん)
 ・コンピュータを使って強制的にスピードアップが図れてよかった(関野さん)
 ・速読は誰でも上達できるということが分かった(佐藤さん)
 ・仕事で資料を読むときも以前より時間がかからなくなった(唐沢さん)
 ・過去挫折した速読法に再度チャレンジ(福井さん)
 ・速読を活かし頑張ってみます(戸田さん)
 ・以前と違うのはコンピュータを使うこと(上嶋さん)
新聞、雑誌等に費やす時間が短時間に(高沢さま)


個性化時代に生きるためにも、幅広い雑学的知識、資格の習得等をしていく手段の一つとして、速読の活用を考えている。 実際、ある程度、セミナー回数を重ね終了近くになってきたが、以前と比べると新聞、雑誌等の読みきりに費やす時間が、短時間になりつつあり、そのため、読書を面倒がることも少なくなってきた。
学生時代に戻りゼロから勉強したいと速読を始めた(棚野さま)


第二の人生をもう一度スタートするには、情報の入力、出力のスピードを10倍、20倍に上げる必要があり、それには速読法から入るのが良いのではないかと思ったからである。速読トレーニングは一言で言えば大変面白く、初級コースに入り、今(一ヶ月余りで13回トレーニング)訓練前の10倍くらいの読書速度になっている。日常生活で変化を痛感するのは、新聞を読むのが億劫ではなくなった事である。
12345...10...»