速読は誰でも簡単に修得できる(岡本浩二さま)
岡本浩二さま

訓練前1,309文字→訓練後12,100文字


最初は修得率90%とか本に書いてあったので、その残りの10%に入ってしまうのではないかと心配したのですが、誰でも簡単に修得できると思いました。
速読は受験勉強、英文に有効でした(村木洋介さま)
村木洋介さま

訓練前1,371文字→訓練後19,200文字


僕が速読を習おうとした理由は受験勉強を能率的に行おうとしたからです。 速読を修得してからは、受験勉強をしていくうちに様々な変化が起こりました。現代文を速く読めることは当然のこととして、英文まで速く読めるようになったのです。
速読講座を受講して24倍まで伸びた(坂西靖裕さま)
坂西靖裕さま

訓練前465文字→訓練後14,400文字


僕が受講して、終わったときとても驚いたことがあります。 それはここで受講しておられる方ならどなたもそうなのかもしれませんが、訓練を受ける前に測定した記録と訓練を終えた後の記録とを比べると自分でも信じられないほどの開きがあったのです。
教室の速読訓練で20倍の読書速度になった(岡野吉伸さま)
岡野さまグラフ

訓練前626文字→訓練後9,600文字


訓練を始める前は、10倍くらいの速さになれるかどうか心配なくらいであったが、5回目に10倍を越えたあたりから急に伸び訓練終了時には24倍にも達していた。 これほどスピードが速くなるとは思っていなかった。
速読教室で毎回読書スピードが上がっていくのが楽しみ(森祐二さま)
森さまグラフ

訓練前1920文字→訓練後42,350文字


僕はジョイント式速読法の本を書店で見つけたと何か感じるものがありました。 それまでいろいろ速読法の本を見ていましたが、どれも面倒くさそうでした。 そこでジョイント式の本を購入しためしてみると、思ったとおりすぐに上達しました。
速読レッスンでかなり速くなった(小西義則さま)
小西様グラフ

訓練前960文字→訓練後7,200文字


十回のレッスンを受けて、自分ではちょっと速くなった程度にしか感じないけど、 グラフを見るとだいぶ速くなっている。
速読法は受験の最大の武器になる(高槻誠治さま)
橘さまグラフ

訓練前800文字→訓練後28,800文字


速読法を習って本を速く読めるようになっただけでなく、勉強の能率を上げたり記憶力も良くなった。 年々大学入試も長文化しているので、速読法は受験の最大の武器になると思います。
速読のために遠くから通学した価値があった(前田保男さま)
前田さまグラフ

訓練前900文字→訓練後14,400文字


はるばる滋賀大津から通いました。 これから速読を始めようとしておられる人は、はじめは不安かもしれませんが最後まで受講してみてください。 そのときにジョイント式速読法のすばらしさがわかるでしょう。
新日本速読研究会の速読法で分速1万文字読めた(川村知裕さま)
川村様グラフ

訓練前1,252文字→訓練後10,648文字


回数を重ねるごとにどんどん読書スピードがあがって行くのです。 「うそー」と思っても自分自身がやっているのでうそではないのです。 これにはとても驚かされてしまいました。最後には約10,000文字もよめるようになりました。