速読を受講して読書が苦にならなくなった(飯田さま)
学生時代から「本をたくさん読みたい」という意欲はありつつ、読むスピードが遅いことと集中力が持たないため、1ヶ月に1冊読むのがやっとという感じで、買ったまま読まない本が溜まってしまいました。いろいろな速読教室の中から比較・検討し、こちらの新日本速読研究会を選ばせていただいたその理由は、さまざまな過去の実績や信頼ということもありますが、脳の処理速度を上げることで速読を習得するという非常に理にかなった、実践的なトレーニングができると思ったからです。実際、20回の受講を通して、読書が苦にならなくなったという体験もすることができました。
速読で記憶力、理解力、理論展開力がみについた(吉川さま)
私が速読法を受講しようとした動機は、まずかなり密度の濃い仕事を要求される正社員であることからくる、時間のハンディキャップ克服でした。もう一点は、去年会社で大きなトラブルが発生した事とプライベートでも心労がたえず、自律神経失調症にかかってしまったことです。そして、仕事がとても速くなったことは、社会人の私には大変な利点です。 かなり仕事をしたと思っても、まだ15時という有り様で、残業もしなくてすみます。 自律神経失調症の私に、記憶力、理解力、理論展開力をつけてくれた速読法を受講して、本当に良かったと思います。
司法試験で速読トレーニング 「目からウロコ」(鈴木さま)
私は司法試験を目指している者です。私がこの「ジョイント式速読法」を知ったのは、受験勉強のため通っている早稲田司法試験セミナー(Wセミナー)で「速読法講座」のポスターを目にしたことによります。ポスターを見たその時は「速読法で勉強するなんて邪道」と思っていました。 しかし、早稲田司法セミナーが推すのだからウソではないかもしれない、と思うようになり、またチラシの受講生の声の中に「択一選択で2回見直ししてまだ時間が余った」というくだりがあったのにひどく惹かれました。 「速読」というとどうしてもストイックに本にかじりついて、できるだけ早く読もうとさせるイメージがありますが、ここではそのようなやり方ではかえって能力が伸びなくなると言われます。はじめてそう言われたときは「目からウロコが落ちる」思いでした。
志望校に合格でき自信もつきました(木村さま)
中学3年になり受験勉強もしなくてはならなくなり、忙しくなってくると、速読さえ確実にマスターしていれば勉強も短時間でたくさんの量をこなすことができ、楽なものになるのではないかと思い、新日本速読研究会の受講に通ってみることにしました。 最初の1、2回は緊張してうまく速読の訓練になじめませんでしたが、その後は、インストラクターのわかりやすい説明で目の力を抜いてパソコンの画面を眺めているだけでよいことがわかり、読書速度も受講するたびに速くなりました。 また、英語の単語・熟語を覚えるとき、市販されている単語・熟語集を短時間で全部読み返すことができるので、1日1回読み通し、毎日それを繰り返し行うだけで、その単語・熟語集の内容のほとんどは覚えることができました。
12345...»