志望校に合格でき自信もつきました(木村さま)
中学3年になり受験勉強もしなくてはならなくなり、忙しくなってくると、速読さえ確実にマスターしていれば勉強も短時間でたくさんの量をこなすことができ、楽なものになるのではないかと思い、新日本速読研究会の受講に通ってみることにしました。 最初の1、2回は緊張してうまく速読の訓練になじめませんでしたが、その後は、インストラクターのわかりやすい説明で目の力を抜いてパソコンの画面を眺めているだけでよいことがわかり、読書速度も受講するたびに速くなりました。 また、英語の単語・熟語を覚えるとき、市販されている単語・熟語集を短時間で全部読み返すことができるので、1日1回読み通し、毎日それを繰り返し行うだけで、その単語・熟語集の内容のほとんどは覚えることができました。
特に国語のテストで速読が威力を発揮します(金井さま)
学業成績が伸び悩んでいた時に、わらにもすがる思いで速読を始めたのですが、効果は予想以上でした。 速読ができれば、回数多く、時間をかけず問題文に目が通せ、内容がよく理解できる上に、回答する時間もたくさん残せます。 模試のたびに「最後の問題まで解けなかった」と嘆く人の声を聞いて、二度も見直しをして、時間が余ったので寝ていた、とはとても言えないなあ、と思っています。さらに、短時間で読めるという自信がついたためか、本に対する気持ちが以前より楽になり、内容が難しいものでも気合を入れて読むことが無くなりました。
速読法を学んでの感想文
私と速読は、まさに運命の出会いのように感じています(松崎さま) 通い始めて前半の5回は、それほど変化がありませんでした。 「やっぱり10回じゃ少なすぎる!」と感じだした頃、上がったんです。 もうビックリビックリでした。それからというものは、速読を利用する手はないかと、いろいろためしています。 もちろん学校にも役立っています。授業中でも先に教科書を読み終わることが多いです。 それと記憶力がよくなった気がします。

実感はないのに速く読めてしまっている(城さま) 1日1~2冊、苦もなく読めるのですから、読書が楽しくて仕方ありません。 あまり早く読んでいるという感覚は全然ないのですが、読めてしまっているのですから不思議です。 おかげで本代がかさんで仕方がないと、嬉しい悲鳴を上げている今日この頃です。 もちろん、本命である受験勉強にも活用させてもらっています。それからもう一つ驚いたことがあります。
v
速読受講後に偏差値42が67前後、25ポイント増加(茂木雅人)
速読を学んで一番助かったのは、社会の暗記にあまり時間を割かずに済んだことです。また、時事問題対策として、新聞を毎日必ず読んでいたのですが、これも速読のおかげでかなり時間を短縮できました。 次に、自分でも信じられないくらい、英語の成績が伸びたのも嬉しかったです。現役時の11月末には偏差値が42くらいだった英語が、一浪時の10月頃には67前後まで25ポイントも上がったのです。 第三に、本をたくさん読んだ結果なのか、現代国語の成績が非常に安定するようになり、速読を学んだ後には偏差値70を下回ったことが1、2回しかなかったのです。
速読教室に通い始めて約三ヶ月で日常生活に変化が(富久保雅美)
速読教室に通い始めて、約三ヶ月になりますが、最近何かを読むということに関して変化が現れてきました。 まず、時間を意識するようになったこと。そして新聞を広げると、大きな見出しがパッと目に飛び込んできます。 そして、コレとコレとコレ、という風に読む記事を取捨選択しています。無意識のうちにです。なんだか、頭の中が整理されてきたように思います。これは速読トレーニングの絵と文字の瞬時把握によるところが大きいかもしれません。
速読の訓練を受けてから頭がスッキリ動く(関 憲雄)
速読の訓練を受けてから、頭がスッキリ動くようになりいろんな書物などを読んでも前に比べて理解力が増しました。つまり文章を読んでいるとその分が映像のように頭に入り込み理解しやすくなったと同時に覚えやすくなりました。入会する前と比べて大きく変わった事は、勉強の面に関しては理解力、判断力、記憶力などが上がったため、今までにできなかった勉強法ができるようになった事である。また時間単位の勉強の濃度もこいので充実感も高く、僕にとって入会したことは、今後の勉強にかぎらず社会人になってもプラスになると思う。
速読力は応用すればおつりがくるくらい役立つ(J.O様)
はじめは、インチキくさいなとは思っていましたが、書いてある事がとても論理的で、しかも誰でも速く簡単に身につく事がわかり、もっと深入りしてみようという事で、本ではなく、今度は教室に通うようになりました。 そうしたら受講前は毎分400文字くらいだったのが、最後の方では毎分30,000文字近くまで行きました。 しかもそれは理解度は落ちていないのです。もちろん成績も上がりました。そしてこの速読力を他教科にも応用して使いました。 例えば、日本史の年表や、古文単語や英単語など。古文単語は300くらいを毎日10回見て3回くらいで覚えてしまいました。
速読は私の大きな財産になった(西井 佳宏さま)
またもう一つ良かった事があります。それは速読法を習う前と今では、頭の回転の良さ、及びヒラメキといった点で確実に自分が変わってきているという事です。 具体的に言うと、以前は仕事上で私は忘れものが多い、また必ずメモを頼りにしなければ仕事が円滑に進まず、トラブルも多かったのですが、おかげさまで今ではメモの量も少なくてすみ、またトラブルもあまりなくなり、なんと言っても仕事に余裕が感じられるのが大変嬉しく思います。
嬉しい事に勉強にも速読効果が(村田崇さま)
私は訓練前の読書スピードは800文字くらいだったのが、「見てるだけ」の速読トレーニングによって、144,000文字/分速(日本人の平均読書速度は分速400~500文字)まで読めるようになった。 数字から見ると、速く読んでるんだなあと思うのだが、自分の意識としては、いつもよりも楽に、あくまでリラックスして普通に読んでるのだ。週に何時間か、パソコンの画面を見てるだけスピードアップするのは、全く驚きだった。