速読法で通常の3倍速く現代文が解けた(浦島仁志さま)
浦島さま

訓練前1,309文字→訓練後19,200文字


大学受験のために速読法を修得しようと思いジョイント式速読法の本を呼んで、この教室があることを知り早速入会しました。 速読法を身につければ国語(現代文)(僕はあまり現代文が得意ではなかった)が伸びるのではないかと思ったからです。 計測で8,000字を超えていましたが、いざ現代文を読み下そうとするとそんなに速くは読めませんが、以前よりは精読でも3倍くらい速くなったと思います。(設問をとくにはその現代文の内容を把握、かつ記憶せねばならないのですが、この記憶も含めて3倍ですから、他人よりは断然速いのです。)
速読教室で1ヶ月で速読修得できた(秋保親成さま)
秋保さま

訓練前847文字→訓練後28,800文字


ジョイント式速読法と出会ったのは、去年の2月頃たまたま病院の帰りに新大阪の駅で見つけた「1日15分の速読トレーニング法」が初めでした。 今思えば一般コース5万円は決して高くはありませんでした。 速読術を修得したのはもちろんのこと、大人の人に囲まれながら大人と同じように1つのことをするというのはあまりできないもので、人生経験としても良いことを学んだと思います。
学校の難関試験に速読で合格できた(亀尾泰裕さま)
亀尾さま

訓練前3,200文字→訓練後54,450文字

私は、ジョイント式速読法を利用したスイッチフルバック式の勉強のおかげで、私の大学の学内テストで何度受けても落とされる、科目のテストに合格することができました。 私は速読法を習っても、あまり自覚がなかったのですが、この科目に受かったことで、ジョイント式速読法の真価についてわかった気がします。
速読は受験対策や読書を楽しむのに有用だ(佐子進さま)
佐子さま

訓練前900文字→訓練後36,300文字

速読法というものを知り、また、その方法を学んだことによって、これまでほとんど皆無だった読書量が飛躍的にのびるだろうし、本を読むことに対して、今まで苦痛を感じていたのに、今では楽しさを覚える。
速読教室で毎回読書スピードが上がっていくのが楽しみ(森祐二さま)
森さまグラフ

訓練前1920文字→訓練後42,350文字


僕はジョイント式速読法の本を書店で見つけたと何か感じるものがありました。 それまでいろいろ速読法の本を見ていましたが、どれも面倒くさそうでした。 そこでジョイント式の本を購入しためしてみると、思ったとおりすぐに上達しました。
速読レッスンでかなり速くなった(小西義則さま)
小西様グラフ

訓練前960文字→訓練後7,200文字


十回のレッスンを受けて、自分ではちょっと速くなった程度にしか感じないけど、 グラフを見るとだいぶ速くなっている。
速読法は受験の最大の武器になる(高槻誠治さま)
橘さまグラフ

訓練前800文字→訓練後28,800文字


速読法を習って本を速く読めるようになっただけでなく、勉強の能率を上げたり記憶力も良くなった。 年々大学入試も長文化しているので、速読法は受験の最大の武器になると思います。
大学入試の国語の長文には速読が有効(守田真司さま)
守田様グラフ

訓練前1,300文字→訓練後14,400文字


速読法を修得して一番役に立ったことはなんと言っても国語の問題が 以前の半分の時間で解けるようになったことです。 問題集をむやみに、数多くこなすよりも、速読法を修得するだけの方が はるかに効率がよいと思います。
速読教室で英語と大学受験のに備える(田代順一さま)
田代様グラフ田代様感想文

訓練前900文字→訓練後15,500文字


先生には、この速読を活用した、英語のよい勉強の仕方を教えてもらいました、本当にありがとうございます。 だいたい約1万文字程度読めるようになり、なかなか納得のいく10回の訓練だったと思います。 まずは、大学受験に的をしぼって、速読を使って学力を上げたいです。 できれば国公立大学を受けれるようなレベルに達すればよいのですが・・・。