速読法解説 18 聖徳太子のようになるには?
誰でも聖徳太子になれる! 立体多分野学習法というのは、《万人を聖徳太子のよに鍛え上げる学習法》ということである。「とんでもない!そんな器用な芸当が、凡人にやれるわけがない!」 と思われるだろうが、速読法を手懸かり、足懸かりとすれば、それが大した無理もなしに可能になる。


速読法解説 19 偏見と先入観が大脳を眠らせている!
現代人は、「地球は平面だ!」と言ってガリレオやコペルニクス、あるいはコロンブスを弾圧したり嘲笑したりした人々のことをエピソード読んで、心の中で笑っていらかも知れない。 「これだけ科学文明が発達し、学校教育も進んだ今、中世時代のような間違いが起きるわけがない」と。 ところが、大多数の人が偏見や先入観に捕らわれて、事実を冷静に、客観的に分析し、眺める眼を曇らせ、眼の前に転がっている物さえ見ようとしないのは、古今東西、変わりがない。


速読法解説 16 速読で脳の潜在能力を呼び覚ます
速読を入口に、いかに大脳の眠れる潜在能力を目覚めさせるか? ここで、ちょっと角度を変えた話を書くと、人間は死ぬまでに大脳の持てる潜在能力の、せいぜい1割から2割程度しか使わず、残りの大部分は全く使わずに無駄に遊ばせたまま死を迎える、と言われている。 大脳の能力の1割しか使いこなせなかった者は凡人で終わり、2割も使えた者は天才、英才として賞賛されるが、結局のところ、使いこなせなかったことにおいては、《五十歩百歩》である。


速読法解説 16 多分野速読法で20倍の学習能力を習得する
速読法から多分野学習法へ さて、訓練で10倍の速読の能力を獲得できたとすると、以前は1寺間を要してい読書なり勉強なりが、わずか6分でこなせるようになる。 これが、100倍、1000倍と上達していっても、その残った6分を、どこまでゼロに近く短縮するかの問題になり、SFのようにマイナスの時間を生じさせる(過去の青春時代に戻る)ような器用な芸当は決してできない。


脳トレコラム「(第15回)恋をすると脳はどうなる?」
第15回目となるコラムでは恋をすると脳はどうなる?についてお伝えしていきます。
脳トレコラム「(第16回)香りが脳に与える良い影響」
第16回目となるコラムでは香りが脳に与える良い影響についてお伝えしていきます。
脳トレコラム「(第14回)脳のストレスを音楽でリセット」
第14回目となるコラムでは脳のストレスを音楽でリセットについてお伝えしていきます。
脳トレコラム「(第13回)香りが脳に与える良い影響」
第13回目となるコラムでは香りが脳に与える良い影響についてお伝えしていきます。
速読法解説15 速読で残業時間が減る
労使、共に好都合な速読法による能力開発 速読というものを眉唾的に見ている人も多いが、逆に速読を信じている人は、過剰な期待を抱いていて、速読能力を身につけたら自分を取り巻く世界が一変する、ぐらいに思っている人もいる。ハッキリ言って、その期待は完全に裏切られる。 本人の自覚は以前と全く変わらず、ただ時計で単位時間あたりの読書能力を測定したまだ速読を身につけていない人と並んで同じ文献を読んだりした時に、自分が速くなっいる、ということを悟れるだけである。


速読法解説13 速読法は誤解されやすい
皆さんの、速読法のイメージは間違っている おそらく、皆さんが速読法に対して抱いているイメージ、先入観は相当に事実と違っている。 まず多いのが、「速読法とは文章の全部を読まず、キーワードを拾って読んで、それで内容を把握する技術である」と思っている人。 この方式の速読は、要領のいい人ならばできるが、凡庸な頭脳の持ち主では難しい中身を間引いて読むわけであるから、文章を正反対に取り違える危険性も、ないわけではない。