脳トレコラム「(第10回)脳にいい食材」
第10回目となるコラムでは脳にいい食材についてお伝えしていきます。
脳トレコラム「(第9回)走ることは脳にいい」
第9回目となるコラムでは走ることは脳にいいについてお伝えしていきます。
脳トレコラム「(第8回)新聞を読んで脳を活性化」
第8回目となるコラムでは新聞を読んで脳を活性化についてお伝えしていきます。
速読法解説9 英語習得に大切な速読の活用法
英語を得意になる秘訣=「虎の巻」と対訳本の徹底活用! 虎の巻は、時間を有効に活用するために、胸を張って堂々と使うようにするのだ。  それが、英語に上達する最短の早道である。  また、教科書より上のレベルに挑戦する第一段階としては、徹底して、対訳本の英文を読みまくることだ。 


速読法解説10 英語の学習は単語帳ではなく速読で
ランダム暗記は絶対にするべからず! 電車に乗ると、よく学生が、短冊型の小さなカードの表に日本語を書き、裏に英語のスペルを書いたものをめくって、懸命に英単語の暗記に取り組んでいる光景を見かける。  指でスペルを書き、合っていれば先へ進み、間違っていればスペルを書き直す。  そして、最後まで行くと、シャッフルしてカードの順序を並べ替え、また最初から暗記作業に取り組む。 こういう方式で英語の単語を覚えようとしたのでは、非能率的で、ほとんど効果が期待できない。 


脳トレコラム「(第7回)エビングハウスの忘却曲線とは」
第7回目となるコラムではエビングハウスの忘却曲線とはについてお伝えしていきます。
脳トレコラム「(第6回)便利すぎると脳は衰える」
第6回目となるコラムでは便利すぎると脳は衰えるについてお伝えしていきます。
脳トレコラム「(第5回) 台所で脳は活性化する」
第5回目となるコラムでは台所で脳は活性化するについてお伝えしていきます。
速読法解説7 効率的な学習と速読を組み合わせる
成績逆転には多少の期間が必要 しかしこれは、駅伝で圧倒的な走力を備えたエースを持ったチームが、それまでの段階で相当な差をつけられた状態で追い込みをかける状況に似ているから、速読の能力を身につけたからといって、即座に成績を逆転できるわけではない。  読書能カビリで成績もビリの生徒が半年後に首席になった、と述べたように、やはり、射程距離に捉えて追い抜くまでに、それくらいの期間は必要である。 


速読法解説5 速読を学習に生かす
受験生の方へ革命的な勉強法 それが、速読だ! いったい、ペストの受験勉強法とは、どういう勉強法だろうか?  これは非常に簡単で、参考書や問題集を、よく理解し内容を記憶し、しかも数多くの問題をこなすことである。  こういう勉強法が実践できれば、国立大ならば東大、京大、私立大ならば早稲旺田、慶応、上智、それこそ、どこでも希望のところに入ることができる。