脳トレコラム「(第13回)香りが脳に与える良い影響」
第13回目となるコラムでは香りが脳に与える良い影響についてお伝えしていきます。
速読法解説15 速読で残業時間が減る
労使、共に好都合な速読法による能力開発 速読というものを眉唾的に見ている人も多いが、逆に速読を信じている人は、過剰な期待を抱いていて、速読能力を身につけたら自分を取り巻く世界が一変する、ぐらいに思っている人もいる。ハッキリ言って、その期待は完全に裏切られる。 本人の自覚は以前と全く変わらず、ただ時計で単位時間あたりの読書能力を測定したまだ速読を身につけていない人と並んで同じ文献を読んだりした時に、自分が速くなっいる、ということを悟れるだけである。


速読法解説13 速読法は誤解されやすい
皆さんの、速読法のイメージは間違っている おそらく、皆さんが速読法に対して抱いているイメージ、先入観は相当に事実と違っている。 まず多いのが、「速読法とは文章の全部を読まず、キーワードを拾って読んで、それで内容を把握する技術である」と思っている人。 この方式の速読は、要領のいい人ならばできるが、凡庸な頭脳の持ち主では難しい中身を間引いて読むわけであるから、文章を正反対に取り違える危険性も、ないわけではない。


速読法解説14 速読で時間の経過が変わる!
これまでと同じことをやって時間の経過だけが違う、それが速読法だ!< 速読法を修得した後、皆さんには、これまでと全く同じように全部の文字、全部の文章を、ちゃんと理解しながら読んでいただく。 速読だがら、無理をして速く読まなければ、というように考えて、リキんで読む必要は全くない。 リキんで読んだら、その分、強いストレスが襲ってくるから、すぐに疲れて、作業能率は上がるが、全体的に見れば良いのかどうかわからない、ということになりかねない。


速読法解説11 速読を使ってこれからの時代で生き残る
世界総《日本叩き》の情勢の中で 今や日本が世界有数の経済大国となったことは、衆目の一致するところである。 諸外国でのアンケートなどを見ると、世界地図上で日本の正確なイ立置を示すことはできないが、しかし、「世界一の経済大国は?」と問われると、かなりの人数の人が「日本」と答えている。 そして第一位に挙げなかった人も、必ずベスト3の中には日本の名前を入れている。


速読法解説12 速読で労働効率を上げる
週休2日制の完全実施から、週休3日制へ 要は、日本に良い品を大量生産されては困る、というのが本音で、それ以外は、どん理由をつけようと、建前でしかない。 今は、週休2日制はまだ一部だが、そのうちに完全実施され、それでも日本の生産力落ちないとなると、今度は、「週休3日制にしろ!もっと有給休暇を増やせ!」と言っくることは、目に見えている。


脳トレコラム「(第12回)テレビやゲームに対する脳の反応」
第12回目となるコラムではテレビやゲームに対する脳の反応についてお伝えしていきます。
脳トレコラム「(第11回)作業と運動、同時並行作業について」
第11回目となるコラムでは作業と運動、同時並行作業についてお伝えしていきます。
脳トレコラム「(第10回)脳にいい食材」
第10回目となるコラムでは脳にいい食材についてお伝えしていきます。
脳トレコラム「(第9回)走ることは脳にいい」
第9回目となるコラムでは走ることは脳にいいについてお伝えしていきます。