速読のために遠くから通学した価値があった(Y・Mさま)
Y・Mさまグラフ

訓練前900文字→訓練後14,400文字


はるばる遠くから通いました。 これから速読を始めようとしておられる人は、はじめは不安かもしれませんが最後まで受講してみてください。 そのときにジョイント式速読法のすばらしさがわかるでしょう。
新日本速読研究会の速読法で分速1万文字読めた(川村知裕さま)
川村様グラフ

訓練前1,252文字→訓練後10,648文字


回数を重ねるごとにどんどん読書スピードがあがって行くのです。 「うそー」と思っても自分自身がやっているのでうそではないのです。 これにはとても驚かされてしまいました。最後には約10,000文字もよめるようになりました。
大学入試の国語の長文には速読が有効(守田真司さま)
守田様グラフ

訓練前1,300文字→訓練後14,400文字


速読法を修得して一番役に立ったことはなんと言っても国語の問題が 以前の半分の時間で解けるようになったことです。 問題集をむやみに、数多くこなすよりも、速読法を修得するだけの方が はるかに効率がよいと思います。
速読訓練で英単語を素早く覚えられた (浅井大介さま)
浅井様グラフ 浅井様感想文

訓練前900文字→訓練後7,000文字


未知であった単語を書き集めた単語帳をもう一度確認して見るとき、いちいち音読せずに、高速でながめていくうちに、確実に覚えられていなかった単語を拾うことができた。 しかも、うる覚えだった単語などの知識の定着に役立った。
速読はスポーツと関連 (伊澤泰志さま)
伊澤様グラフ伊澤様感想文

訓練前800文字→訓練後14,000文字


この速読講座はスポーツと関連が、かなりあるように思いました。 例えば、ゴルフを見ていると(TVで)リズムが大事だということをよく言っていましたが、何のことだかわからなかったのですが、この講座を受けてからは、その意味がおぼろげながらわかるようになりました。 とにかく自分の物の考え方が根本的に変わってしまいました。これが何よりよかったと思います。
速読教室で英語と大学受験のに備える(田代順一さま)
田代様グラフ田代様感想文

訓練前900文字→訓練後15,500文字


先生には、この速読を活用した、英語のよい勉強の仕方を教えてもらいました、本当にありがとうございます。 だいたい約1万文字程度読めるようになり、なかなか納得のいく10回の訓練だったと思います。 まずは、大学受験に的をしぼって、速読を使って学力を上げたいです。 できれば国公立大学を受けれるようなレベルに達すればよいのですが・・・。
大検のための独学にも速読が有効(尾方一男さま)
尾方様グラフ

訓練前823文字→訓練後14,400文字


僕は大検を受けようと思っているが 他の同年齢の高校生よりも時間が足りないという現実がある。 僕と同じような立場におかれている人は、 ぜひともこのジョイント式速読法を身につけて受験勉強に役立ててもらいたいと思っている。
簡単な訓練で速読ができました(蓬莱康司さま)
蓬莱様グラフ

訓練前3,600文字→訓練後77,440文字


速読法の訓練を終えてみて、実際思っていたよりも簡単でした。 訓練を受ける前も私はけっこう速く読める方だと思っていましたが、 受けてみておよそ30倍もあがってうれしいです。 はじめてから勉強時間が短縮できたのがとってもよいです。
速読×記憶術トレーニング 出版記念セミナーの様子
速読×記憶術トレーニング出版記念セミナーの様子

2015年4月24日(金)に新書「頭の回転が速くなる 速読×記憶術トレーニング」の出版記念セミナーが開催され、著者である川村明宏、川村真矢が登壇し本書の出版背景及び、速読、記憶術トレーニングの内容について講演を行った。
速読体験の様子(滋賀県長浜市立N中学校)
修学旅行 速読体験での眼筋測定 修学旅行 速読体験での景品じゃんけん

特殊なゲームを用いた速読に生徒は興味深々

2015年4月23日に滋賀県長浜市立中学校の修学旅行プログラムで新日本速読研究会の速読体験会が行われました。 30名近い生徒が川村明宏会長の速読訓練を受けて、2倍以上の読書速度向上を体験。 特殊なゲームを用いた速読に生徒は興味深々な様子でした。