修学旅行生の速読体験(福島県福島市立 W中学校)



2017年4月25日に福島市立W中学校の生徒さまが新日本速読研究会の速読体験プログラムを受講されました。

受験や試験に活用するためにどのように速読トレーニングを行うのかをお話し具体的なトレーニングを1時間行いました。

斜め読みや飛ばし読みではない速読を体験したことで、その効果に驚きの声も出ていました。

体験受講では理解力は今まで通りで読書スピードだけを上げるための3つのポイントやNintendo DSソフトの監修から得たゲーム速読などを行いました。

修学旅行生の中には3倍以上になった生徒もいました。

受講生アンケート

【速読体験の感想】
速読訓練をする前は1分間に600文字で平均だったけど、訓練をした後は800文字になったので良かった。速く読める様になった気がするのでテストや読書などで活かしたい。(田中さん)

前よりも速く読めるようになっていくのが、面白かった。またやってみたいと思った。(鈴井さん)

そこまで興味は無かったが、結構楽しかった。目が少し疲れたが良かった。他のことに生かしていけるようにしたい。(河合さん)

短時間で速読の力が上がったので、来て良かったです。読む力だけだと思っていたけど、書く力も鍛えられると分かったので、これからも訓練を続けていきたいです。とても楽しかったです。ありがとうございました。(吉田さん)

速読と思うと難しいと思っていたけど、とても面白かったです。これをスポーツにも役立てたい。そして、他の人との差をつけたいです。楽しく速読の訓練ができました。(沼津さん)

速読はもっと大変なのかなーと思っていたが、意外と楽しいものだった。この経験を日常生活などにいかしていきたいなと思った。(本村さん)

すぐに読める文字数が増えて楽しかった。日頃の生活にもいかしていきたいと思った。(小島さん)