速読関連で購入した本は数えきれない (岩永哲孝さん)

岩永哲孝さん 数えきれない

訓練前1,000文字→訓練後14,000文字

速読に関して購入した本の数はこの数年で数えきれない位です。

最初キム式からその後その派生型と思われるようなものいろいろでしたが終わり方は修得という本旨からはずれて単に買っているだけになりました。

それらの本でどうしてもできない部分、納得できない部分をあっさり説明してくれた本がありました。

それがジョイント速読法の本でした。

そのころは速読は不可能という感覚ではっきりいってその本も古本屋でついでに買っただけのものでした。

それがプロローグで同時著者の本を買いまくり、読みまくり理論は納得したが実感がわかず、とうとうここでこの感想文を書くようになっております。

ここからが感想になるのかもしれませんがはっきりいって実感がありません。

数字は最終で14000字前後がでてますが我ながら本当だろうか、というのが本音です。

(突然理解して読んでやろう。つまりこれまでの慣感になっている読み方に対する感覚で読むといっぺんに2000字位まで落下します。特に専門書読みがメインでありましたので現実には家でそう速くは読めておりません)

ただ読むと視る、の差異がわかったこと(理屈でなく感覚で)はじめはただ視線を動かすだけでも1000~2000だったのが今は14000前後になっている事実。

それは何か解りつつある証なのかもしれません。

ただ人一倍左脳が強くイメージの出せない人間としては、やっと入り口を抜けた位の気分です。

目前の試験(あと一か月を切っております)をクリアするため入口程度ではありますが
速読で試験問題や専門書を読みまくってやろうと思いつつこの辺にしときます。

ありがとうございました。

一生ものの速脳速読スキルを習得したいという方、本書で訓練するか、速読教室またはオンライン速読講座を体験されてみてはいかがでしょうか。

↓↓↓↓速読無料体験はこちらのバナーをクリックしても予約できます↓↓↓↓↓
速読体験レッスン_バナー