司法試験合格者の体験談(社会人編)

時間の壁を乗り越え司法試験合格! 松岡 春雄 さん(司法試験合格)

☆訓練前 1280文字/分 ⇒ 訓練後19200文字/分

文庫本などを読んでいて「30分ぐらい経つたかな」と思って時計を見ると10分程しか経っていない状態である。

完全に時間の感覚がズレてしまった。

司法試験には、常に「時間」という大敵が待ち構えている。

この大敵を撃ち破るのに「速読」は何よりの武器になった。

勉強せずに楽して取れる資格はない。努力は避けて通れない。

ならば、「以前と全く同様の感覚で読んでも、数倍は速くなっている」というジョイント式速読法の効果

は、それだけで私のような資格試験の受験生にとって、十分ではないだろうか。

失業の危機を乗り越え公務員に… 太田 和子 さん(公務員試験合格)

☆訓練前 1170文字/分 ⇒ 訓練後 10200文字/分

勤務先の不採算部門の切り捨てのため、失業の危機に陥った私は、公務員受験を決めました。

仕事の引き継ぎのため勉強する時間はないに等しく、わずかの時間を使っての勉強でした。

幸い、速読を2ヶ月前から習い始めており、過去問を何回も繰り返し見直し、短い時間でもかなりの復習ができました。

私は、速読のお陰で失業しなくてすみました。

速読に感謝。

私にもできた速読! 川添 明子 さん(宅建=宅地建物取引主任者合格)

☆訓練前 930文字/分 ⇒ 訓練後 24000文字/分

訓練開始当初はなかなか数字が伸びず、一緒に受講しているひとまわり以上も年の若い人が、信じられないよ
うな速さで読めるようになっていくのを横目で見ながら期待と劣等感が入り交じった複雑な気持ちでした。

でも速読は年齢という壁を打ち破り、当面の目標であった宅建の取得も、「時間さえあれば…」という前回の屈辱から2度目の挑戦で悠々とクリアできたのです。

速読をやって本当によかったと思います。

一生ものの速脳速読スキルを習得したいという方、本書で訓練するか、速読教室またはオンライン速読講座を体験されてみてはいかがでしょうか。

↓↓↓↓速読無料体験はこちらのバナーをクリックしても予約できます↓↓↓↓↓
速読体験レッスン_バナー