【脳トレコラム】第6回 便利すぎると脳は衰える

脳トレコラム 第6回 便利すぎると脳は衰える

快適 脳

◆快適な暮らしはダメ?

脳の働きを低下させる原因には、「快適すぎるから」「便利すぎる生活があるから」があるとされています。私たちの暮らしはとても便利になりました。何をするにも機械によるオートメーションで行われていきます。昭和時代の家電製品と現代を比べると、かなりの様変わりがあります。

しかし、便利なばかりでは、脳を使わない暮らしになってしまいます。脳の神経細胞は20歳をすぎると減少してくるのですが、これを食い止めるためには、「自分でなんとかする」ということが非常に大事です。

電卓を使わないで自分で計算する、ときには洗濯機を使わずに手を使って洗濯する、といったことです。特に洗濯機を使わないようにすると、汚れているところを自分で見つけて、自分の手先で洗いますから、とても脳に良いでしょう。こういった行動を続けていると、脳の働きも上がってきます。

◆かといって不便でストレスを溜めてもダメ

脳におけるストレスによるダメージは甚大です。ストレスは活性酸素を発生させるばかりでなく、脳内の情報伝達を行う神経伝達物質(アドレナリン、ノルアドレナリン、 セロトニンなど)の働きにも深く関わっていますが、神経伝達物質の働きが低下すれば、精神的に不安定になり、脳の働きも弱まるのです。

ストレスを解消するというのは、意外に難しいものです。

例えば、「ストレス解消のためにドカ食い」を繰り返し、気がついたら過食症になってしまった…というケースは現代社会では多いものです。

また、「ヤケになって飲酒」や、「衝動買い」も、結果的にさらに大きなストレスを呼びます。上手にストレスを解消するなら、「運動」や「歌を歌う」こと、「好きな映画や漫画を見る」といったような、「中毒性のないもの」にしておくのがいいでしょう。

◆快適過ぎない暮らしのために

脳の活性化を考えて、快適過ぎない暮らしのためには、「家事の時間を作る」ということが大事です。意識的に自分が動いて、自分の手で家事をする、掃除や洗濯をすると決めて、とにかく体を動かしましょう。機械に頼らず自分でやろうとすれば、手間が増えてしまうこともあるはずです。しかし、そういう時間でも目の前の作業に没頭するくらい楽しめば、脳はどんどん働きの範囲を広げ、賢い人になっていくことができます。

「何でも自分でやるなんて面倒くさい!」などと言わずに、ぜひ自分の力で身の回りのことをやってみてください。

一生ものの速脳速読スキルを習得したいという方、本書で訓練するか、速読教室またはオンライン速読講座を体験されてみてはいかがでしょうか。

↓↓↓↓速読無料体験はこちらのバナーをクリックしても予約できます↓↓↓↓↓
速読体験レッスン_バナー