ダイヤモンド社 BOX 速読術 川村明宏
    BOX ノートパソコンで学ぶ速読術 川村明宏

    読書時間・量の飛躍的拡張はなるか? ノートパソコンで学ぶ速読術 読書には大きく分けて2つのパターンがある1つは本を読むという行為そのものを楽しむ場合だ。 活字を目で追いながら楽しみ、味わい、考える。しかし、一方で情報収集や内容理解、記憶のために、半ば必要に迫られてページをめくることもあるだろう。 日本人の平均的な読書速度は、1分間にだいたい400字から600字だという。文庫本や新書判の本、あるいはB6判の単行本などが1ページあたり平均600字前後の文字量として、普通の人の普通の読書は、10分から15分で10ページのペースということになる。これが速読術を身につけるとどうなるか。

1996年10月号 ダカーポ 速読法・読書法 15万部
    800

新日本速読研究会 川村明宏会長は、ほかにも多数の速読法の本を出版しているが、川村明宏氏の堤唱する「ジョイント速読法」では、右脳をいくら鍛錬しても、身に付くのは少数の先天的な右脳型人間だけ、圧倒的多数の左脳人間はただ挫折感を味わうのみだという。

微笑 5月27日 20周年 みるみる目のよくなる生活
    微笑 20周年 速読視力回復2

「使いすぎても、けっして目は悪くなりません。遺伝でもありません」よく「あの人の視野は広い、狭い」といいますが、あれは本当なんです。左脳人間は、視野が狭く目が悪いんです。左脳人間は理論的だが方向音痴、ワンパターン、一度に2つのことを考えられない、、、

1990年12月 週刊宝石 「速読術」は本当か
    週刊宝石1990年速読は本当か川村明宏1

読書スピードが10倍アップ!? 受験戦争もいよいよ本番。最近の入試傾向について、ある大学の入試担当者が言う。「どの大学も問題の情報量が非常に増えています。高校の授業内容の基本は、じっくり読んで理解することですが、

健康 視力回復付録 1997年5月 
    健康 1997年 視力回復1健康 1997年 視力回復  付録1

私が長年研究している速読法を身につけた人たちの間で、疲れ目や視力の低下が改善したという声が多く聞かれました。目を酷使すると視力が悪くなると思われていますが、実際は目をよく動かしたほうが、視力のアップに有効だったのです。

天野製薬 1990年10月11日 速読
    週刊読売 川村明宏 1996年9月号 視力回復1付録メガネ ホント

週刊読売 1996年9月号 視力回復

天野製薬 1990年10月11日 速読
    天野製薬 新日本速読研究会 企業研修2

天野製薬 1990年10月11日 速読

早稲田司法セミナー 速読 1992年1月20日
    早稲田司法セミナー 新日本速読研究会 1

早稲田司法セミナー 速読 1992年1月20日 

1994年10月号 健康 視力改善サングラス
    健康 1994年10月 視力改善 川村明宏 近視老眼
  •  

近視、老眼、乱視もこれで見るとよくなると評判
1994年、視力改善サングラスを手掛けてから新日本速読研究会、川村明宏会長へ全国から視力がアップしたと大反響