英語速読 eyeQ共同研究レポート

BOX EyeQをアメリカの公立学校聴覚障害クラスで利用した際のレポート1BOX EyeQをアメリカの公立学校聴覚障害クラスで利用した際のレポート2BOX EyeQをアメリカの公立学校聴覚障害クラスで利用した際のレポート3
BOX EyeQをアメリカの公立学校聴覚障害クラスで利用した際のレポート4

EyeQをアメリカの公立学校聴覚障害クラスで利用した際のレポート

アメリカで聴覚に障害がある方でも川村式速脳開発プログラム(英語版速読 eyeQ)を利用して学習力の向上に効果があるかを生徒たちに利用してもらいながらテストした際の
レポートになります。

The ‘Eyeq’ program was established for the status quo hearing community.
The expected outcomes are benchmarked as such. The adaptations and modifications for the Deaf and Hard of Hearing were signed instructions and clarifying instructions through student feedback and facilitator observation. The students are given book exercises with complete instructions during class, but they are required to practice at home. This has been a vital part of the process for the Deaf and Hard of Hearing students and shall be continued after the computer exercises are completed. The reasoning for the book exercises is additional eye/hand/brain training to strengthen their coordination process and to reinforce the sectional learning that they have already completed.

EyeQのプログラムテストがステイタス・クオ聴力コミュニティで実施されました。
EyeQの効果は様々なテストを通して記録しています。
聴覚障碍者のための変更と適応は利用した生徒と
ファシリテータの意見を取り入れて行われました。
生徒たちは授業の中で本を使ったトレーニングについての説明を受け、
家でも本を使ったトレーニングをするよう求められました。
コンピューターを使ったトレーニングの後に自宅で本を使ったトレーニングをすることは聴覚障碍者が今回のテストをする上で最も重要なポイントです。
何故重要かというと本を使ったトレーニングを行うことで
より強く眼と手と脳の整合能力を高め彼らがすでに学んだことを補強することができるからです。

The current average reading speed with comprehension is charted below:
理解力と現在のリーディングスピードは下記の通りです。

Progress Report
報告書

Aurora Public Schools
10/21/2007 – 10/21/2008
Goal Increase: 2.0 times

オーロラ公立学校
2007年10月21日~2008年10月21日
目標数値 2倍

Deaf and HOH beg
聴覚障碍者クラス

Class Average Starting Speed
193 WPM
クラス 開始時の平均読書速度
193単語/分

Average Current Speed
454 WPM
プログラム終了後の読書スピード
454単語/分

The students with more hearing fell into the expected out comes of declining in the beginning and improving after the first 8 sessions. Note: This decline was minimal.
Fortuitously, the students with less hearing did not decline in the beginning. Their achievement never declined past their original benchmark and has steadily improved.

聴覚障害の軽い生徒は実施直後に期待された数値よりも減少したが
最初の8セッションで改善された。そしてその影響は最小限でした。
また重い聴覚障害を持つ生徒には偶然にも開始直後の数値の低下は見られず
開始直後に計測した数値から順調に向上していきました。

62.5 % of the students have doubled their beginning benchmarks in words per minute reading. The beginning, highest, and improvement scores are charted below:

62.5%の生徒は当初計測した読書速度の2倍を記録しました。
最初の読書速度、最も高かった読書速度とその伸び率は下記の通りです。

 

読書速度変化表1

The comprehension scores showing the ERS and improvement percent are as follows:
This is how the effective reading speed is calculated: words per minute multiplied by the percent of correct answers = ERS

読書速度のみでなく読書時の理解力Effective Reading Speed(ERS)を数値化して
記録したものが下記のものです。
ERSは1分間当たりの読書単語と正解率をかけた数字となっています。

読書速度変化表2
The comprehensive improvements vary according to the individual student. Every student shows improvement in this area. The comprehension is calculated by taking the words-per-minute (wpm) reading ability for a new passage and dividing that score by the percent of correct answers given after the reading.

向上の仕方は生徒一人一人によって違います。
しかしすべての生徒のERSが改善しました。
理解力の計測は新しい文章問題を読んだ時の読書速度を
その文章問題での正解率で割った数値です

This testing cannot be skewed to the student’s advantage as there is no way to ‘stop’ or ‘go back’ to any of the previous sections during the testing and only one session a day can be accessed. The student is observed at all times during the sessions. If the student accidently forwards the test without completing the passage they will not pass the questions and answer section so their score will be lowered accordingly but a false wpm reading will also appear in the charts. These charts do not reflect skewed testing.

このテストでは文章を読む際に戻ったり止まったりすることができず、また一日に一度しか解答できないので生徒の個人的な能力に左右されません。
テスト中は生徒の実施状況を試験官がチェックしながら行いました。
もし生徒が誤って文章を読み終わる前次のセクションに移動して解答を行っても正解を答えることができずスコアが低下するのと同時に誤った読書速度が記録されます。
そのような誤った数値は今回のテスト結果として反映されません。

When a student returned from vacation (ten days) the scores for the next session and comprehension declined. Another student forgot to do the home exercises for as eight day period and the beginning scores declined for the sessions/tests complete that week Student ‘sms’ had this happen and showed a critical reading speed increase that was deleted from the chart and therefore delete from the overall scores.

生徒が10日間ほどの旅行に行ったときや家でのトレーニングを怠った時には
そのセッションの最初の計測した数値より下がりました。
そのセッションの最初の低下した数値はチャートから削除され全体的な速度は向上しました。

This data proves the current initial success of this program. At the conclusion of this study, I shall continue to collect data evaluating their reading and comprehension monthly to see the longevity of the results. I will also collect data observing how the EyeQ program has impacted their future learning and/or self esteem.

これらの結果を踏まえて
プログラムは現在のところ好調に推移していることが証明されています。
この研究の終わりに、生徒たちの読書速度と理解力のデータを収集して生徒たちの結果を見ていきます。
またEyeQプログラムが将来の学習や生徒たちの自尊心にどのような変化を与えたかを観察していきます。

一生ものの速脳速読スキルを習得したいという方、本書で訓練するか、速読教室またはオンライン速読講座を体験されてみてはいかがでしょうか。

↓↓↓↓速読無料体験はこちらのバナーをクリックしても予約できます↓↓↓↓↓
速読体験レッスン_バナー