「速読が反復学習の効果を加速」大学進学予備校ヒューマンキャンパス

ジョイント式速読法

ジョイント式が反復学習の効果を加速し、全分野の試験や学習に役立つ。

1分間に読む文字数がこのトレーニングで10倍にもなります。

大学進学予備校 ヒューマン・キャンパス

反復学習が記憶を定着させる

ここでは、パターン訓練に付随して、反復学習が“記憶”にもたらす効果について考えてみましょう。この「反復学習と記憶」に関して、次のような実験報告があります。

●3回反復した場合……………………記憶は一応確かなものになる
●5回以上反復した陽合…………………記憶は圧倒的に確実になる

1週間後の1時間よりも20分後の5分
反復学習は、その時期が早ければ早いほどよいこいわれています。あることを学習して復習する場合、1週間後の1時間よりも20分後の5分のほうが、記憶を定着させるにはずっと効率が高いというわけです。

頭のよい人は「反復」の名人
記憶力がよい(=頭がよいこ)といわれる人と、自分で物覚えが悪いと思っている人とは、「反復」を意識的に操り返しているか「反復」を怠っているかの違いです。人間の記憶のメカニズムは、まだ完全に解明されてはいませんが、「なぞり=反復学習が記憶に大きな役割りを果たしていることは、確かな事実として証明されています。

速読で反復学習の効率アップ
この「反復」の原則に「速読」を結びつけますと、学習そのものに要する時間も、繰り返しにかかる時間も共に短縮されます。したがって、記憶を定着させる上で「速読と反復学習」は、実に効果的な方法といえます。
一生ものの速脳速読スキルを習得したいという方、本書で訓練するか、速読教室またはオンライン速読講座を体験されてみてはいかがでしょうか。

↓↓↓↓速読無料体験はこちらのバナーをクリックしても予約できます↓↓↓↓↓
速読体験レッスン_バナー