• 頭がよくなる小学生の国語速読法
    川村明宏 監修、新日本速読研究会 (著)
    出版社: 産心社(1992/10/16)
    創造力のある子供を育てる
頭がよくなる小学生の国語速読法
■記憶力、創造力を鍛える教育とは? ■世の大多数の人がそう考えている証拠に、正規の学校教育のカリキュラムは、知識量を増やすことだけにポイントが置かれていて、記憶力や創造力を鍛えるという点は、ほとんど無視されています。もちろん、美術や音楽など、芸術的分野の創造力は別ですが。私塾や予備校でも、記憶力や創造力(芸術的な創造力でなくて、学問的な分野の創造力)の鍛錬にウェートを置いているところは、皆無に近いだろうと思います。本書では、記憶力と創造力を鍛えることによって頭を良くする方法について述べることにしたいと思います。
  • 小学生の国語速読法
  • 頭が良くなる小学生の国語速読法
    川村 明宏 (監修)新日本速読研究会(著)
    単行本(ソフトカバー): 238ページ
    出版社: 産心社 (1992/10/15)
本書では楽しく遊びの気持ちを失わず、いつの間にか知識が増えていて、しかも将来の潜在能力開発の基礎になるように、試行錯誤して創案した学習方法を紹介しています。  この方法で、必ずや、本書を手にされた皆さんのお子さんたちが個性と能力を伸ばし、成績も向上させるであろうことを私は確信しております。
  • ビジネスマンのための右脳・左脳活性化ハンドブック
    川村明宏 監修、新日本速読研究会(著)
    出版社: PHP研究所(1992/10/2)
    速読法で脳力50%アップ!
ビジネスマンのための右脳・左脳活性化ハンドブック
■人よりも優れた能力を獲得したい、発揮したいと願わない者は、ほとんどいないはずである。それは、生物である人間の一種の本能と言ってもよい。その本能に突き動かされて、人間は有形無形の様々の努力をする。
  • 大学受験に失敗しない方法教えます
    川村明宏 監修、福山克一郎 (著)
    出版社: 産心社(1992/4/15))
    テストで能力を120%発揮するノウハウ!
大学受験に失敗しない方法教えます
■勉強は量より質である ■一日の勉強時間は、平均どれくらい必要か?たとえば東大を受験するために、あるいは東大に大量の合格者を送り込んでいる名門校私立高校を受験するために、偏差値的に見てギリギリ合格圏に届くか届かないか、という学力の生徒が受かるためには、今後一年間、どのくらい受験勉強の時間えお確保する必要があるか、ということがよく論じられ、また質問される。
  • 速読術でマルチ能力開発を!
    川村 明宏、大石達也、若桜木虔 (著)
    出版社: 日本実業出版社(1991/7/30)
    コンピューター時代に勝つスーパー自己啓発法
速読術でマルチ能力開発を!
■速読トレーニングで右脳を鍛えよう! ■新聞の朝・夕刊の総文字数は70万~80万時。これをまともに読んでいたら3~4時間はかかってしまうが、それをできる人がどれだけいるだろうか。ビジネスマンや学生は"時間"と読み方の"質"が勝負。限られた時間でできるだけ多く読み、しかも記憶の歩留りをよくするには、どうしたらいいのか?あなたの読みのスピードが今の5~10倍と飛躍的に速くなるうえに、記憶力・想像力を大幅アップできる「右脳速読法」のコツ、教えます。
  • 中学生の成績は速読で決まる
    川村 明宏、若桜木虔 (著)
    出版社: 二見書房 (1991/5/25)
    英数国はやり方≪速読≫でこんなに差がつきます!
中学生の成績は速読で決まる
時代時代によって高校の入試制度は変わってきています。けれどもなかなか学校では入試制度に併せた教育はしてくれません。だからこそ時代に合わせた勉強をすれば、他の人より一歩も二歩も先に進めます。この本では部活も両立しながら志望校に合格できる時代に合った勉強法を紹介しています。
  • ダイナブック速読
    川村 明宏 (著)
    単行本(ソフトカバー): 220ページ
    出版社: サンマーク出版 (1991/4/30)
驚異の能力開発マニュアルはこれだ!
本書で紹介しているのは、日進月歩で高性能化していくOA機器を問題なく使いこなせるよう、これを扱う人間の潜在能力を引き出す訓練を科学的にシステム化し、誰でもが手軽にこの訓練を受けられるようにした、ダイナブックのような簡便なパソコンを使った能力開発訓練プログラムである。  これは≪OA機器不適応症候群≫に対する≪ワクチンプログラム≫としての性質を持っている。 このプログラムによってパソコンはこれまでの人間の劣った能力を補強するだけの道具から人間の能力を数倍に増幅する訓練機材としての性格を有するようになったのである。
  • 右脳超速読術
    川村 明宏、若桜木 虔、 栗田 伸一(著)
    出版社: 徳間書店(1991/1/31)
    ワープロ・パソコン10倍活用で潜在脳を目覚めさせる
右脳超速読術
■潜在脳の半分を目覚めさせただけで、あなたの能力は5倍以上になる! ■あなたは組織に使われる人間か?組織を動かす右脳マルチ人間か? 人間の潜在能力は、9割が眠っている。あなたは夢をよく見るほうだろうか?それとも、めったに見ないほうだろうか?いずれにしろ、生まれて今までただの一度も夢を見た経験がない、という人は、いないだろうと思う。
  • これで読めるゾ!英字新聞
    川村 明宏 (著)
    出版社: 大栄出版(1990/12/28)
    国際派ビジネスマンになりたい人の英字新聞最速マスター術
これで読めるゾ!英字新聞
■効果バツグン!英語修得術。英字新聞がドンドン読める速読法 ■既に世は国際化時代で、あなたが今、どんな分野の職業に就いてるとしても、英語ぐらいできることは、絶対に必要になる。ちょっと考えると、あまり英語に縁がなさそうな仕事(たとえば大工さんと植木屋さんとか)でも、これだけ日本にやって来る外国人が増えると、その仕事のお得意さんの中に英語でないと話が通じない外国人はいる、ってことも起きる
  • 日経新聞が5分で読める速読術
    川村 明宏 ・若桜木 虔・川村 哲明(著)
    単行本(ソフトカバー): 205ページ
    出版社: サンマーク出版(1990/9/15)
日経新聞が5分で読める速読術
ビジネスにとって不可欠の日経からの情報 日経というのは、日本で発行されている新聞の中でも、特異性の際立った新聞である。