ダイヤモンド社 BOX 速読術 川村明宏

BOX 川村明宏 ノートパソコンで学ぶ速読術2

読書時間・量の飛躍的拡張はなるか? ノートパソコンで学ぶ速読術

読書には大きく分けて2つのパターンがある1つは本を読むという行為そのものを楽しむ場合だ。

活字を目で追いながら楽しみ、味わい、考える。しかし、一方で情報収集や内容理解、記憶のために、半ば必要に迫られてページをめくることもあるだろう。

とくに後者の目的のために読書をする場合は、短時間で読み、理解できるに越したことはない。同じ時間に多くの本が読めるようになれば、より多くの情報が頭にインプットできる。必要な個所のピックアップや、読むか、読まないかの取捨選択も迅速にできる。また、同じ本を繰り返して読めば、より鮮明に記憶に残る。アワトプットの品質も上がるだろう。

そこで、〝速読〟に注目してみた。日本人の平均的な読書速度は、1分間にだいたい400字から600字だという。文庫本や新書判の本、あるいはB6判の単行本などが1ページあたり平均600字前後の文字量として、普通の人の普通の読書は、10分から15分で10ページのペースということになる。これが速読術を身につけるとどうなるか。

たとえば日本速読協会という指導団体が実施している検定では、1分間に600字(本の15ページ分)を読んで内容が理解できれば3級だという。普通の人の10倍の速度だみに級41券間に3万字、-級は1分間10万字ほどとい。1級の合格者は全国にも数えるほどしかいないようだが、つまり1冊の新書く1分2分で読んでしまうわけだ。

速読について説いた本は数多い。協会、団体もいくつかある。その中で今回はパソコンを使ったユニークな速読法を指専している、新日本速続研究会を訪ねた。同会の速読ソフトは、いずれも会長の川村明宏氏が開発した理論を基に、ソフトハウスから提供されている。

BOX 川村明宏 ノートパソコンで学ぶ速読術1

最新ソフトの「ダイナブック速読」によるトレーニングを川村氏じきじきに受ける。

ソフトを立ち上げ、ます『読書速度の確認』を選訳する。サンブルの文章の中からひとつを選びエンターキーを押す。画面にその文章が表示されたら読み始め、読み終えたところでスペースキーを押すと。-分間あたり何文字読めたかが表示される。

これは自分のふだんの読書ペースで読むのだが、記者の場合は664字だった。この測定をすませたところでトレーニングの開始となる。

最初は「なぞり訓練」である。文章が1文字ずつ表示されていき、一定の行数(1~3行を選択に達すると、次の文章がまた1文字ずつ表示される。それを読むのである。

表示速度は低速から超高速までの4種類あり、先に計測した自分の読書速度を参考に選択する。高速モードを試したら、ちょうど2400bpSのパソコン通信画面ぐらいの速さで、とても読めない。エスケープ
して低速モードに再設定する。これでも、ふだんの読書の数倍ぐらい。必死でついていく感じだ。

「字を読んで内容を理解しようとせず、ここでは全部の文字をもれなく追うことを意識してください。文字の流れについていくことが大切なんです。首を動かさないで、視線の動きで文字を追うんです。でも首はリラックスさせてください」 と、川村氏のアドバイス。

文章に対して、私たちの多くは数数の条件反射を行う。たとえば、まず視野を狭め、読む個所の文字に常に視点を固定する。そして、その文字の上下の5文字から7文字ぐらいのみを視野に入れ直列的に読み進む。そして、音読こそしないが、私たちは、無意識に音声変換を行う。いわゆる左脳集中処理というか、騒々しい喫茶店で相手の話を聞き取るときのように、意識の一点集中によって読書をしようとする。無意識の所作が、潜在能力の活動を目ら阻害するのである。

川村氏の速読指導は、まずそうした一連の条件反射を払拭するところからスタートするのだ。

BOX 川村明宏 ノートパソコンで学ぶ速読術

 

プログラムの最初に行うこの「なぞり訓練」は、目を素早く動かすことのトレーニングだ

また、通常より速い読み方でも、同じ文章を何度も繰り返して読むことによって、内容も次第に理解し得ることが体感できる。

表示速度を順次変更し、ついていくのが困難なスピードでのトレーニングを何度か行った後で、スピードを1段階落とすと、それがぐっと読みやすく感じられることも経験する。高速道路を走行したあとは、遅く感じるのと同じ理論のようだ。

 

 

 
一生ものの速脳速読スキルを習得したいという方、本書で訓練するか、速読教室またはオンライン速読講座を体験されてみてはいかがでしょうか。

↓↓↓↓速読無料体験はこちらのバナーをクリックしても予約できます↓↓↓↓↓
速読体験レッスン_バナー