【ダカーポ 1996年】速読法

800900

新日本速読研究会 川村明宏会長は、ほかにも多数の速読法の本を出版しているが、川村明宏氏の堤唱する「ジョイント速読法」では、右脳をいくら鍛錬しても、身に付くのは少数の先天的な右脳型人間だけ、圧倒的多数の左脳人間はただ挫折感を味わうのみだという。

一見、回り道のようだが、まず左脳に働きかけることが結果的に右脳の発達を促し、誰にでも確実に習得可能な速読能力の獲得につながるのだ、としている。

能力を開発すれば分速5000~1万字の速読が可能になるそうだ。

 

『7日間1日15分で脳力アップ!速読ラクラクトレーニング』(日本実業出版社)15万部

7日間1日15分速読らくらくトレーニング 川村明宏 新日本速読研究会

<h3>人は文庫本1冊を何時間で読んでいるか?</h3>

文庫本1冊読むのに、どのくらい時間がかかるものなのだろうか?

読者にアンケー卜を取ってみた。

「読み出すと集中するので、2~3時間程度だ。ただし家事をしながらも、本は手放しません」(神林祐子さん・主婦)のように熱中すると一気に読めてしまう人もいるようだが、平均するとI冊にかかる時間は、4~5時間といったところ。

「主に通勤時間を読書に充てていますが、毎日往復1時間で、5日間くらいですね」(本多順一さん・システムエンジニア)

多忙な現代人は、なかなか読書時間が持てないが、なかには速読ができる人もいて、文庫本‐1ページなら3か所、視点を移せば読めるという。

「読み慣れたもので約30分、凝った表現の多い純文学でも1時間弱で1冊くらいですね。本屋で全部立ち読みして、気に入ったから後で買うなんてこともあります」(江下雅之さん・ジャーナリスト)

 

一生ものの速脳速読スキルを習得したいという方、本書で訓練するか、速読教室またはオンライン速読講座を体験されてみてはいかがでしょうか。

↓↓↓↓速読無料体験はこちらのバナーをクリックしても予約できます↓↓↓↓↓
速読体験レッスン_バナー