潜在能力を引き出す もっとスポーツがうまくなる 速読トレーニング

潜在能力を引き出す もっとスポーツがうまくなる 速読トレーニングドリル ~立体視覚を身につける!~
川村 明宏 (著)
単行本(ソフトカバー)
出版社: 毎日コミュニケーションズ (2011/1/22)

プロのスポーツ選手や、指導者も実践

速読をマスターすると、スポーツでこんなに活用できる

近年、速読は学問だけでなくスポーツの現場でも注目されます。
ここでは速読がもたらす、スポーツのメリットを紹介しましょう。

速い球の動きをより的確に肉眼でしっかりとらえる

速読法をマスターすると、人は書物や本のページを素早くめくりながら、そこに書かれた文章を目でとらえ、その内容を把握できるようになります。これはトレーニングによって、目を動かす筋力などを向上させた結果のひとつです。
速読の能力は文字を認識するだけではありません。例えば野球などのスポーツでも、それまで速すぎて見えなかったピッチャーの速球が、しっかり肉眼でとらえることができるようになります。見えなかった投球がとらえられれば、やがてその球をバットに当てて打つ、というように、バッティング技術は確実に向上するでしょう。
また、同じように放たれたボールの動きを目でとらえる力は、相手から投げられたボールをよけるドッジボールなどのスポーツにも役立ちます。

ステップ1

速度とは?

文章の内容を理解でき、読むスピードも速いのが「速読」です。速読をマスターすると、時間を有効に使えたり、脳の働きを活性化させたりと、さまざまな可能性を引き出してくれます。スポーツの場面でも、豪速球を打てるようになるなどの技能向上につながります。

ステップ2

速読速度を計測する

速読のトレーニングを始める前に、文章を読み、その文字数を数え、自分の現在の読書速度がどのくらいなのか記録しておきます。トレーニング終了後も、読書速度を計測しましょう。読書速度を毎回比較することでその成果が数字として現れれば、トレーニングを続ける励みになります。

ステップ3

眼筋トレーニング

速読で文字を速く追ったり、スポーツでボールや人の動きを追ったりするためには、眼球を素早く動かす必要があります。そのために眼筋トレーニングで眼の筋肉を鍛えましょう。ただし眼に負担をかけすぎないように注意が必要です。

ステップ4

脳力トレーニング

脳を鍛えるトレーニングを行います。速読でもスポーツでも必要となってくる、同時並行能力や検索力、判断力などの向上を目指します。スポーツの練習や眼筋トレーニング同時間でいいので続けていきましょう。

本書の使い方

本書は、速読をマスターするための方法や、トレーニング方法を3つの章にわけて紹介しています。第1章から順番に読んでいくのがおすすめですが、気になるトレーニングからはじめてもOKです。

第1章 速読をはじめる前に

1 速読とは何なのか?
2 あなたは右脳派?それとも左脳派?
3 速読をマスターすると、スポーツでこんなに活躍できる
4 自分の読書量を計測する
5 目が疲れたら休ませる
コラム 脳の機能を高めれば、あなたも聖徳太子になれる!?

第2章 目を鍛えるトレーニング

速読に不可欠な眼筋を鍛える
1 目を上下、左右に動かす
2 目を円形に動かす
3 目を縦対角、横対角に動かす
4 目をランダムに動かす
5 目を遠近に動かす
6 視野を拡大する
7 識幅を拡大する
8 光の量を調節する

コラム

イチローも、速読トレーニングを実践していた!?

第3章 脳を磨くトレーニング

1 順番探しドリル
2 計算ドリル
3 しりとりドリル
4 スパイラルドリル
5 間違い探しドリル
6 ツッコミドリル
7 スイングドリル
8 瞬間識別ドリル
9 ワード空間ドリ
10 ズームアップドリル

一生ものの速脳速読スキルを習得したいという方、本書で訓練するか、速読教室またはオンライン速読講座を体験されてみてはいかがでしょうか。

↓↓↓↓速読無料体験はこちらのバナーをクリックしても予約できます↓↓↓↓↓
速読体験レッスン_バナー