速読受講生の声(早稲田司法セミナー)

司法試験に早期合格するには速読ができれば有利だと思った(早稲田司法セミナー)

分速10,000字

私が速読法を修得しようと思い立ったのは司法試験のためである。合格するまでに膨大な量の書籍を読み、理解。暗記しなければならないこの試験に早期合格するには、速読ができれば有利だと思ったからである。

その効果はどうだったかというと、普通の本を読んでいて、まあ速く読んでいるなあと感じることある。速読というのはその程度のものかと思われるかもしれないが、自分自身で感じるのは、はっきり言ってその程度である。

しかし、時間を計測してみると簡単な本で分速一万字、基本書で二千五百字である。

基本書というのは普通の本と比べて三割程度のスピードでしか読めないものだが、それが二千五百字である。普通の人のスピードは普通の本で分速四百字なのだから。これは相当速く読んでいるとしか言いようがない(他人事のようだが)。

また、速読法をはじめてから、夢が鮮明になった。以前から夢には色はついていたのだが、夢に出てきた人の服の色などはあまり覚えていなかった。先日の夢には、赤と緑と白の細いボーダーの丁シャツを着た、ショートカットで茶色っぽい髪の目の大きなかわいい女の子が出てきた。最近は寝るのが楽しみになった。

これからは速読法で勉強時間を短<、しかも密度の濃いものにして、睡眠時間を多くしようと思う。先生方、本当にどうもありがとうございました。

早稲田司法試験セミナー
中央大一年(匿名)