速読によって短期間で好結果 (河内さん)

速読 感想文

速読効果によって短期間で好結果 (河内さん)

訓練前600文字→訓練後7,000文字

私は速読力については以前から大変興味をいだいておりました。

書店で「誰でも速読力を会得できる」というタイトルの書物に出会いました。

書物から新日本速読研究会を知り、ただちに入会いたしました。

当研究会の先生のお話によると、誰でも普通一般人なら遅速はあっても1分間に1万字はそんなに難しいことではないとのこと。

私はこの先生のお言葉には半信半疑でした。

何故なら他人には安易に出来ても私にはこの1万字は私に大きくはだかる壁に思えたからです。

とはいっても入会した以上先生のお言葉を信じてやるしかないだろう。

私の入会したのは昨年8月の下旬だったと思います。

私の当初の速読力は1分間に500~600語、眼筋は13でした。

実力は極々一般的な実力だそうです。

約4か月経過後の昨年の12月20日現在の実力は1分間5000~7000文字、眼筋はヨコ75タテ72です。

このような短期間で好結果をみるとは、自分では予想しておりませんでした。

この好結果は、己の努力は云うまでもありませんが、やはり当研究会の先生並びに職員の懇切丁寧な御指導があったからこそと感謝している次第であります。

因みに、入会前の私の速読の実力は乗物で例えるなら田舎で走っている各駅停車の電車が4か月後の現在は都内で走っているJRの快速線の電車というところでしょうか。

私が驚異と思っている1万語という大きくて厚い壁もそんなに遠い将来でない時期に切り崩すことが出来ることがみえてきたのが、ちょっぴり自慢できるかな。