集中力・思考力・洞察力・色々な能力が高まった実感

また挫折か?と思い始めていたころに出会った速読メソッド

私が、能力開発に興味を持ち始めたのは20年くらい前になります。

当時は自己睡眠とか英語の直読直解法などをやってみましたが、長続きせずにいつの間にかやらなくなってしまいました。

その後いろいろな本を読む事が多くなりましたが、「もっと速く読めたらいいな」と思うようになりました。

1年ぐらい前にたまたま本屋さんで、今では長有名な経営コンサルタントの先生が書いた「あなたも今までの○○倍本が速く読める」というタイトルの本を手にしたのがキッカケで、この先生が主催するセミナーに参加し、能力開発と勉強に再度燃える思いを抱き始めました。

しばらくは、この先生の読み方を実践していましたが、やる事が多くなかなか習慣化できず、気がついたらやるというようになってしまい、また挫折か?と思い始めた時、新日本速読研究会の教室に出会い、そのメソッドに感嘆し、最初は通信講座でしたが、入会してからすぐにスクーリングに入りその延長で正式会員になりました。

このメソッドは、今までの速読の概念を大きく覆すもので仕事で多量の情報を必要とする私にとって画期的に生かせるメソッドで、内容を理解するのも他のどの方法よりも早く、短時間ですみます。

普段でも一月に最低でも5~6冊の本を読んでいますが、今後はさらに多く読む事になりそうな自分に喜んでいます。

速読で集中力が高まり3時間かかっていた報告書が1時間でできるように

仕事で情報を得る以外に役立っている事があります。

それは自分でも驚くくらいに集中力が高まったことです。集中力が高まったばかりではなく、思考力・洞察力・心のゆとりなど色々な能力が高まったことを実感しています。

例えば、今まで3時間もかかっていた報告書の作成が1時間もかからないで作成できるようになりました。

これは、メモを元にまとめているのですが、記憶の中からどんどんパソコンのキーを叩いている自分がそこにいるからです。

記憶力もこんなに強くなったのかと思うほど、以前にもまして強くなっています。

判断力も驚くほど上がった

物事の判断の力も以前とは雲泥の差です。YesかNoを判断することにいつも躊躇していた自分が、即断即決をする事ができるようになりました。

それだけではなく、仕事上のどんな作業をする時でもプラスかマイナスか、YesかNoかを必ず考えてその場で答えを出し、迷いを解決して取り組んでいます。

速読研究会で速読の勉強を続けていく限り、これからの人生に失敗することはないでしょう。

私は、今後の将来に成功し続けている自分自身をイメージして、いつも目の前にその自分がいるのがわかるような気がします。

今、色々な能力不足で悩んでいる方、自己啓発に何をしたら良いのか悩んでいる方に是非、お勧めします。

社会人として年齢的に無理だと考えている方にも絶対にお勧めです。

川村先生のメソッドには騙される事や挫折するといったことは絶対にありません。

実は、私は妻と共に川村先生の教室に通っています。

夫婦でお互いに刺激しあい、時にはレベルアップの情報交換をしたり、何よりも夫婦そろって同じ目的で行動できるので、考え方も伝わりコミュニケーションも増しています。

普段、仕事で帰宅時間の遅い私にとっては貴重な時間を与えてもらった気持ちです。

ぜひ、川村先生のメソッドで能力アップする事をお薦めします。

私は生涯の講座として勉強を続けてゆきます。